研究グループ一覧

資源・環境地球化学グループ

http://epms.es.tohoku.ac.jp/nreg/
教授 掛川 武 初期地球の表層環境、生命と地球の相互作用、生命起源
准教授 古川 善博 生命の起源、隕石衝突、初期地球
助教 石田 章純
(高度教養教育・学生支援機構)

生命起源、生命環境を研究する

生命起源、生命環境を研究する

この研究室では、生命の起源に関する問題に対して積極的に取り組んでいいます。生命起源に関しては実にいろいろな説がありますが、未解決な問題でもありま す。我々は「地球こそが生命を作った」と考えています。ですので「地球科学」系の教室で生命起源の研究を行っています。特に実験室に初期地球の状態を再現 し、生物を構成する分子を作り出しています。

地球が誕生し、しばらくして最初の生命が誕生したと思われています。我々は世界中の地層を調査し、「生命の痕跡」を岩石の中に見いだそうとしています。 「最初の生物はどんな生物?」「どんな環境で生きていたのか?」といった情報を岩石から取り出そうとしています。岩石から当時の地球環境も分かる訳で、現 在の「環境問題」にも通じる知識が得られます。

現在の温泉にも「最初の生物」の生き残りと思われる微生物が生息していると考えられています。陸上や場合によっては海底の温泉の調査も行っています。温泉環境では我々の生活に欠かせない金属も鉱物として沈殿します。そうした鉱物の研究も行っています。

フィールドからの情報と実験室からの情報を合わせて生命起源研究を行っているのは世界でも唯一、掛川研究室だけです。