現場のフロンティア

本講義では、社会の最前線で活躍されている本学卒業生を主とする方々を講師とし、お仕事の内容やキャリアパスについてお話を伺います。
講義と懇談を通じて、大学における研究にフィードバックを得るとともに、大学院修了後のキャリアパスの可能性を、より広く具体的にとらえていただくことを目的としています。
詳細は以下のとおりです。

先輩方の生の声を聞きながら、将来のキャリアパスについて考えてみませんか。
単位取得の有無にかかわらず、どなたでも聴講可能です。
多くの方のご参加をお待ちしております。

日時 : 毎週 火曜日4限 (14時40分~16時10分) + 講師との懇談(~17時頃まで)

場所 : 地球科学系研究棟5階503号室

科目名 :
  ・地球科学特別講義I(理学研究科地学専攻 修士課程, 2単位)
  ・先端地球惑星科学Ⅳ (理学研究科地学専攻 博士課程, 2単位)
  ・産学連携セミナーⅠ (リーディング大学院 1-2年次, 1単位)
  ・産学連携セミナーⅢ (リーディング大学院 3-5年次, 1単位)


  • ■ 4月12日 山田亮一 (山田技術士事務所)
    • 地球惑星関連業界の最近の動向
  • ■ 4月19日 太田 岳洋 (鉄道総合技術研究所)
    • 鉄道における自然災害への対応と今後の課題
  • ■ 4月26日 小玉 知央 (海洋研究開発機構)
    • 気象・気候研究の最前線 -シミュレーション科学の観点から-
  • ■ 5月17日 長田 実也 (農林水産省)
    • 美しい農村を守る ~農山村を元気にするために
  • ■ 5月31日 鈴木 奏到 (計量計画研究所)
    • 都市防災のサイエンス
  • ■ 6月7日 野田 芳和 (福井県立恐竜博物館)
    • 自然史科学のフロンティア ~恐竜発掘最前線~
  • ■ 6月14日 未定

  • ■ 6月21日 濱井 昂弥 (石油天然ガス・金属鉱物資源機構)
    • 坑廃水の一般的な処理の流れとPassive Treatmentについて
  • ■ 6月28日 藤原 治 (産業技術総合研究所)
    • 地震と津波の地質学
  • ■ 7月5日 未定

  • ■ 7月12日 未定

  • ■ 7月19日 三浦 大助 (電力中央研究所)
    • 火山噴火のハザード評価
    担当教員:掛川武、中村美千彦、西弘嗣、高嶋礼詩、今泉俊文

本講義の前身である理学研究科開講の講義『現場のフロンティアサイエンス』の様子を、下記リンクよりご覧いただけます。
今年度も、同様の形式で授業を進める予定です。

http://www.sci.tohoku.ac.jp/frontier/